今回は弊社で過去に注文を依頼されたおすすめのスピーカーボックスをご紹介します。

スピーカーボックス制作事例

SS-AR1 sony speaker box
SS-AR1 sony2 speaker box

SS-AR1 ソニー㈱

フロントパネルは北海道産楓を立ち木から伐採し、1年の年月をかけ合板にした後、弊社にて木工加工を施したハイエンドの音響箱です。

硬度が高い木材のため部品加工は容易ではありませんが、高音質を奏でるのに適した材質です。サイドパネルなどは、硬度が高い材料であるフィンランドバーチ合板です。

特徴的なサイドパネルのR曲面には、ピアノ部品の製作技術のメリットを活かしました。木工技術を多く盛り込み機械加工と職人による加工にて生産をおこない高精度の木工組立を実現し、こだわりの音質の一翼を担っています。

 表面には、天然木から切り出した シルバーハート突板真空貼りの技術で曲面貼り込みを行い、浜松のピアノ塗装技術(多層塗装)を施し、最終工程では機械研磨・手研磨を経て高光沢な仕上がりとなります。塗装の品位、黒色の中に表現される天然木の美しさは必見です。(リアサイド バスレフ型)

SS-AR2 ソニー㈱

製品の特長については、SS-AR1 ソニー㈱に同上

SS-NA2ES sony speaker box

SS-NA2ES ソニー㈱

SS-ARシリーズと比較すると、よりお手頃なキャビネットです。

 材料にフィンランドバーチ合板を採用し、表面には、SS-ARと同じくシルバーハート突板を貼った大型のエンクロージャーです。SS-ARに施した加工技術はそのまま、塗装工程を見直し、コストを抑えるためのVEを施しました。高光沢の外観はそのまま、お客様がお求めやすく、満足いただける仕様となっております。(バスレフ型)

SS-NA5ES sony speaker box

SS-NA5ES ソニー㈱

製品の特長については、SS-NA2ES ソニー㈱に同上

DS-4NB70 Mitsubishi Electric Engineering2 speaker box

DS-4NB70 三菱電機エンジニアリング㈱

重厚なキャビネットは、重低音に対応します。特徴であるフロントパネルには「ダイヤカット」を施し、継ぎ目のない高精度な木工組立仕上げとなっています。ポリエステル塗装を施したのち、黒色高光沢に研磨していおり、浜松のピアノ塗装技術を活用した棚置きできるお手頃なサイズのスピーカーボックスです。

DIASOUL.I DIASOUL.I Co., Ltd. speaker box

DIASOUL.I DIASOUL.I(株)

ポリエステル塗装を施したのち黒色高光沢に研磨しました。小型の卓上サイズのスピーカーです。特徴的な丸型のキャビネット上部は 球状のツィーターです。これを具現化するために、歴史ある木型製作の手法を土台に加工しました。また、繋ぎ目のないキャビネットは、高度な加工技術と組立によって生み出しております。

FC4500 Aisin Takaoka Co., Ltd. speaker box

 FC4500 アイシン高丘㈱

MDFをベースの材料に採用し、サイドパネルには、天然木を特別色で塗装2ピース構造としています。天然木と合板・繊維版の両方を取り扱い、ロゴやバッフルなどのパーツにこだわった上品な外観が特徴です。

 FAC-L1 アイシン高丘㈱

突板には、天然木 ゼブラウッド(黒)/カーリーメープル(赤)を使用し、塗装は1ピースキャビネットに、2色塗分けの高度な塗装技術をほどこしています。ベースとなる木工部分は、お客様のご要望で高難易の加工技術を採用。「キャビネットが傾いていて、尚且つ 側板がR局面」であるために木型製作の手法も盛り込みました。ポリエステル塗装を施したのち、高光沢に研磨しており、浜松のピアノ塗装技術を活用したこだわりの逸品です。

スピーカーボックス製作依頼を承ります。

いかがでしたでしょうか?その他フロントサイドバスレフや密閉型にも対応しており、組立て治具、スタンドや台座の作成や修理などもご相談ください。吸音材の取付といったアセンブリ体制で、メーカー様のご希望のスピーカーボックスを実現します。

弊社は業務用スピーカーボックスの知識やノウハウが豊富な日本製スピーカーボックス製造会社です。図面の設計から作成まで、興味のある方は下のお問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。