ウレタン塗装 (pu塗装)とは

ウレタン塗装 (pu塗装)はポリウレタン(pu)を主成分とし、油性塗料(シンナーなどの有機溶剤で希釈する油性塗料)と水性塗料の2種類があり、それぞれ仕上げの条件や費用に応じて使い分けます。

  • 部分的に使えるので、木材や木工小物の部分補ポリ修ができる
  • オイル塗装などに比べて艶出しに向いている
  • 鏡面仕上げなどに使われるポリエステル塗装より費用を抑えて手軽に使える

といったメリットが挙げられます。プライマーで下地処理をした材料に下塗り、中塗り、上塗りと好みの仕上がりで重ね塗りすることができます。

今回はウレタン塗装について、木材加工を手掛けるスピーカーボックス製作会社が解説します。

ウレタン塗装 (pu塗装)の事例

【ウレタン塗装とは】メリットやオイル塗装との違い、適切に依頼するポイントを解説 ウレタンカラー塗装1
【ウレタン塗装とは】メリットやオイル塗装との違い、適切に依頼するポイントを解説 ウレタンカラー塗2

ウレタン塗装 (カラー塗装)

スピーカーボックスなど大型の木材加工製品にも対応したウレタン塗装 (カラー塗装)。吹付や刷毛塗り、ドブ漬けなど様々な塗装方法があり、アンダーコート、トップコートにポリエステル塗装を組み合わせるなど、製品の仕上がりや費用に合わせて柔軟な作業工程に対応しています。

▽スピーカーエンクロージャーの塗装について

【ウレタン塗装とは】メリットやオイル塗装との違い、適切に依頼するポイントを解説 ウレタンカラー塗装3
【ウレタン塗装とは】メリットやオイル塗装との違い、適切に依頼するポイントを解説 ウレタンカラー塗装4

ウレタン塗装 (カラー塗装)

材質が合板の木箱にカラー塗装を施した状態です。

塗装業者の手配により、木目を消したり、お好みのカラーの割合を配合することが可能です。

▽ウレタン塗装 (カラー塗装)の色見本について

【ウレタン塗装とは】メリットやオイル塗装との違い、適切に依頼するポイントを解説 ウレタンクリア塗装1
【ウレタン塗装とは】メリットやオイル塗装との違い、適切に依頼するポイントを解説 ウレタンクリア塗装2

ウレタン塗装 (クリア塗装(uc塗装))

トップコート塗装として木材加工製品をコーティングしました。計2回の多層塗装によって光沢感と艶が出た仕上がりです。

また、スプレーガンで吹き付けることで液だれしにくく、立体感のある重厚な仕上がりになります。
▽塗装工程はこちら

【ウレタン塗装とは】メリットやオイル塗装との違い、適切に依頼するポイントを解説 ウレタンスノーホワイト塗装1
【ウレタン塗装とは】メリットやオイル塗装との違い、適切に依頼するポイントを解説 ウレタンスノーホワイト塗装2

繊維強化プラスチック(FRP)製品

ウレタンスノーホワイト塗装後の製品です。

こちらの後工程では、ペーパーで塗装表面を研磨した後、艶消しクリア塗装でマットに仕上げます。

このように、ウレタン塗装 (カラー塗装)にさらに別の塗装を重ねて仕上げることもあります。


【ウレタン塗装とは】メリットやオイル塗装との違い、適切に依頼するポイントを解説 ウレタン塗装1
【ウレタン塗装とは】メリットやオイル塗装との違い、適切に依頼するポイントを解説 ウレタン塗装2

その他

ウレタン塗装 (pu塗装)は、 ABS・アクリル・プラスチックなどの樹脂素材・金属など様々な素材に対応可能です。協力会社の手配が可能ですので、対応素材についてご相談ください。


ウレタン塗装 (pu塗装)のオーダーをお任せください。

いかがでしたでしょうか?今回ご紹介したほかにも、水性カラー塗料、バトン塗料を使用したオイルステイン塗装もございます。

浜松や磐田周辺で木材の塗装業者への塗装依頼お探しの方は以下のお問い合わせフォームより試作・量産のお見積もりなどお気軽にご相談ください。

▽Instagramで最新情報を毎週発信しています

株式会社スズハル(@suzuharu_mokkou) • Instagram写真と動画

    ▽noteで技術情報を分かりやすく解説しています

    おすすめ記事:木工加工|株式会社スズハル|note