フラッシュ戸(ドア)の特徴や定義、構造について

フラッシュ戸(ドア)とは、ドアの構造が、中身のない木材で作られたものです。角材や厚い板を用いて中が空洞の枠組みを作り、その上にベニヤ板などを貼り付けて加工したもので、ドアの表面を平らに仕上げたものが一般的な定義です。フラッシュ構造は中身がないため、通常の木材よりも軽量です。持ち運びが容易で、配置換えなどに適しています。フラッシュは表面が平らであるという「flush」の意味で、ドアは外枠と合板などの面材を組み合わせるため様々な種類がありますが、特にこの面材の表面が平らに仕上げられている特徴を持つドアがフラッシュ戸(ドア)と呼ばれています。

今回は、片開き扉を額入りの仕様に改造したので、その作り方をご紹介いたします。

▽キャビネットなど木製品の木材加工を行っています。

▽スピーカーエンクロージャーの製作事例はこちら

 フラッシュ戸のリフォーム(改修)の仕方

株式会社スズハル 記事【フラッシュ戸】額入り、小窓付きの扉にリフォーム。片開きドアや引き戸の補修や改造をオーダー 額のカット 鉋1
株式会社スズハル 記事【フラッシュ戸】額入り、小窓付きの扉にリフォーム。片開きドアや引き戸の補修や改造をオーダー 額のカット 鉋2
株式会社スズハル 記事【フラッシュ戸】額入り、小窓付きの扉にリフォーム。片開きドアや引き戸の補修や改造をオーダー 額のカット 鑿

額が嵌る窓部分を切り取り、構造補強を入れて拵えます。

今回改修するフラッシュ戸(ドア)は、下地の材質がアガチスなどの集成材、表面板にメラニン化粧板を貼ったメラニン合板、見込み部(額が入る部分)の厚みが約160mmです。今回のデザインは額入りフラッシュ戸(ドア)で、ドア内部構造が中骨がないものでしたので、取り付ける窓の寸法を大きめにするために、職人がドアを指で「コツ・コツ」と弾き、目には見えない内部にある木材をダウジング(見立て)して改修します。

speakr

フラッシュ戸(ドア)は立てて置くと反りが生じることがあるので、平積みで保管します。

▽鑿(ノミ)と鉋(カンナ)で断面を削ります。

株式会社スズハル 記事【フラッシュ戸】額入り、小窓付きの扉にリフォーム。片開きドアや引き戸の補修や改造をオーダー 額の取り付け 1
株式会社スズハル 記事【フラッシュ戸】額入り、小窓付きの扉にリフォーム。片開きドアや引き戸の補修や改造をオーダー 額の取り付け 2
株式会社スズハル 記事【フラッシュ戸】額入り、小窓付きの扉にリフォーム。片開きドアや引き戸の補修や改造をオーダー 額の取り付け 3

額を取り付け

別途作製した額を取り付けました。材質はウォールナット材で未塗装です。窓部分はガラスではなく不透明アクリルを採用したことでドアの重量を軽量化し、室内の目隠しの機能と両立させました。

▽ウォールナットの木材の特徴について

▽ウォールナットのウレタン塗装について

株式会社スズハル 記事【フラッシュ戸】額入り、小窓付きの扉にリフォーム。片開きドアや引き戸の補修や改造をオーダー 完成1
株式会社スズハル 記事【フラッシュ戸】額入り、小窓付きの扉にリフォーム。片開きドアや引き戸の補修や改造をオーダー 完成2

フラッシュ戸(ドア)の取り付け

フラッシュ戸(ドア)を取り付け、完成です。額入りで外部や内部からの採光ができるので、オフィスの雰囲気に合った間切りに仕上がりました。

フラッシュ戸(ドア)の補修や改造ならお任せください。

いかがでしたでしょうか?片開きフラッシュ戸(ドア)の他にも、引き戸や両開き扉、引き違い戸など様々なドアの修理や補修、改造することができます。また、木製の場合、ウレタン塗装カラー塗装クリア塗装(uc塗装)が可能です。

フラッシュ戸(ドア)の補修や改造外注依頼先の業者をお探しの方は、以下のお問い合わせフォームより試作や量産の見積もりなどお気軽にご相談ください。

▽Instagramで最新情報を毎週発信しています

株式会社スズハル(@suzuharu_mokkou) • Instagram写真と動画

    ▽noteで技術情報を分かりやすく解説しています

    おすすめ記事:木工加工|株式会社スズハル|note

      BASEショップで音階カスタネットPrimelo販売中♪

      株式会社スズハル (suzuharu.base.shop)