真空成形とは?トリミング加工って何?

真空成形とは

ブロー成形や圧空成形などの成形方法の一つである、真空成形は、軟化させた熱可塑性のプラスチックシートを成形型に密着させて成形する加工方法になります。

  • 射出成型に比べて成形型の型費が安い
  • オス引き(オス型・凸型)メス引き(メス型凹型)の片方の成形型を使用するので、成形型作成の納期が短い
  • 小型から大型まで、深さのある形状加工が可能で試作から量産まで適している

といったメリットがありPMMA(アクリル)やABSを材料に樹脂成形業界で一般的に用いられています。また、弊社の樹脂型は材料に耐熱のエポキシ樹脂を使用し、金型と構造は同一ではないですが、同様に複雑な成形ができるので、多彩な用途で使用できます。ケミカルウッド(合成樹脂木材(ポリウレタン製))素材の木型を製作する場合もあります。詳しくは以下の記事でご紹介しています。

トリミング加工とは

真空成形の工程には成形加工後、NCルーターによってトリミング加工と呼ばれる成形品の輪郭を精密にトリムする方式があります。今回は、NCルーター装置に固定する方法であるNCトリミング加工治具(ガバリ)の制作事例をご紹介します。

木型、プレス型、アルミ型(金型)については、以下の記事をご覧ください。

真空成形トリミングNC加工治具(ガバリ)の製造手順

型取り前のベースを作成

今回は真空成形品の現物から型取りを行いますので、合板を材料にベースを組みます。

speaker

型取り時に不具合が発生しないよう、正確にベースを組んでいきます。

▽車両の現物からリバースエンジニアリングによって真空成形用の樹脂型を製作しています。詳細はこちらの動画をご覧ください。

樹脂で型取り

成形品のモデルに離型剤を塗って離型不良を防止し、硬化剤と主材を配合したエポキシ樹脂を盛ります。

ケミカルウッド(合成樹脂木材(ポリウレタン製))も一部使用することで、強度が増し、また樹脂の材料費削減になり、型の価格を抑えることができます。

▽ケミカルウッド(合成樹脂木材(ポリウレタン製))を使った成形型の説明はこちら

完成品


完成品はこちらです。真空ボックスに固定して納品します。

真空成形トリミングNC加工治具(ガバリ)の製作を承ります。

いかがでしたでしょうか?以上が、真空成形トリミングNC加工治具の製作の流れになります。

組立治具や検査治具、ガバリ治具、ロボット治具などNCルーターなどの工作機械治具製作の知識やノウハウが豊富な専門会社です。磐田や浜松で外注先のメーカーをお探しの方は、下のお問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。

▽Instagramで最新情報を毎週発信しています

株式会社スズハル(@suzuharu_mokkou) • Instagram写真と動画